このサイトで正しく動作させるためにはJavaScriptを有効にする必要があります。設定を変更していただくか異なるブラウザでアクセスしてください。

      

ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

上肢痙縮・下肢痙縮

ボツリヌス療法の特徴

  • 痙縮が認められる筋へ直接注射するので、局所性の痙縮の治療に有効です。
  • 臨床上の効果は3~4ヵ月程度持続します。
  • 他の治療(フェノール/アルコールブロック、抗痙縮薬、バクロフェン髄腔内投与、リハビリテーションなど)との併用が可能です。
  • 効果が得られた場合、必要に応じて反復投与が可能です(他の部位へも治療範囲を広げることが可能です)。

本コンテンツは日本国内の医療従事者向けです。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。
ボトックスは、米国法人のアラガンインコーポレーテッド(米国アラガン社)が有する登録商標です。