このサイトで正しく動作させるためにはJavaScriptを有効にする必要があります。設定を変更していただくか異なるブラウザでアクセスしてください。

      

ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

よくあるご質問(製品関連)

 

疾患関連

  • Q1. インフルエンザに罹患した場合の出席停止期間を教えてください。

    A1.

    学校保健安全法では、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としています。ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません。

    出典
    指導せん「リレンザを処方された患者さん・ご家族・周囲の方々へ」
    こちらからダウンロードしてご利用いただけます。

 

用法・用量

  • Q1. 治療に用いる場合の用法・用量を教えてください。

    A1.

    【治療に用いる場合】
    通常、成人及び小児には、ザナミビルとして1回10mg(5mgブリスターを2ブリスター)を、1日2回、5日間、専用の吸入器を用いて吸入します。

    出典
    リレンザ インタビューフォーム

  • Q2. 予防投与の対象患者と用法・用量について教えてください。

    A2.

    リレンザを予防に用いる場合には、原則として、インフルエンザウイルス感染症を発症している患者の同居家族又は共同生活者である (1)高齢者(65歳以上) (2)慢性心疾患患者 (3)代謝性疾患患者(糖尿病等) (4)腎機能障害患者などのハイリスク集団が対象です。

    【予防に用いる場合】
    通常、成人及び小児には、ザナミビルとして1回10mg(5mgブリスターを2ブリスター)を、1日1回、10日間、専用の吸入器を用いて吸入します。

    出典
    リレンザ インタビューフォーム

  • Q3. 何歳から使用できますか?

    A3.

    低出生体重児、新生児、乳児又は4歳以下の幼児に対する安全性は確立しておりません。
    前出の患者に対する使用は承認用法・用量外となりますのでご注意ください。
    また小児の場合には、本剤を適切に吸入投与できると判断された場合にのみ投与をご検討下さい。

    出典
    リレンザ インタビューフォーム

  • Q4. リレンザと喘息用の吸入剤を使用する場合、使用の順番と注意点について教えてください。

    A4.

    慢性呼吸器疾患の治療に用いる吸入剤(短時間作用発現型気管支拡張剤等)を併用する場合には、リレンザを投与する前に使用するようご指導ください。
    またインフルエンザウイルスを含むウイルス感染が、気管支喘息の発症又は増悪の原因となることが知られています。原疾患として気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患等の慢性呼吸器疾患がある患者に本剤を投与する場合には本剤投与後に気管支攣縮(喘息症状、呼吸機能の低下)が起こる可能性があることを患者に説明し、必要時に使用できるよう短時間作用発現型気管支拡張剤を患者に所持させるようお願いいたします。

    出典
    リレンザ インタビューフォーム

  • Q5. ネブライザー吸入できますか?

    A5.

    ネブライザーもしくは機械式人工呼吸器には使用しないで下さい。
    本剤(吸入用散剤)を溶解し、ネブライザーもしくは機械式人工呼吸器を介してインフルエンザ入院患者に投与し、添加物である乳糖による医療機器の閉塞のために患者が死亡したとの報告があります。
    必ず添付の専用吸入器を用いて吸入して下さい。

    出典
    リレンザ インタビューフォーム

  • Q6. 粉を吸わずに飲んでも効果がありますか?

    A6.

    粉を飲んでも効果は期待できません。
    本剤は吸入投与により、インフルエンザウイルスの主要な感染・増殖部位である気道粘膜上皮細胞の表面に直接分布して、A型及びB型インフルエンザウイルスに特異的に作用する薬剤です。
    必ず添付の専用吸入器を用いて吸入して下さい。

    出典
    リレンザ インタビューフォーム

 

特殊患者への投与

 

有効性

 

安全性

  • Q1. 異常行動に対する注意点を教えてください。

    A1.

    • インフルエンザの患者さんでは、抗インフルエンザウイルス薬の服用の有無や種類にかかわらず、異常行動に関連すると考えられる転落死等が報告されています。
    • 異常行動は、以下のことが知られています。
      ① 就学以降の小児・未成年者の男性で報告が多い(女性でも発現する)
      ② 発熱から2日間以内に発現することが多い
    • 万が一の転落等の事故を防止するため、発熱から少なくとも2日間は、就寝中を含め、特に小児・未成年者が容易に住居外へ飛び出さないために、例えば、以下のような対策を講じてください。
      • 玄関や全ての部屋の窓を確実に施錠する(内鍵、チェーンロック、補助鍵がある場合は、その活用を含む)
      • ベランダに面していない部屋で寝かせる
      • 窓に格子のある部屋がある場合は、その部屋で寝かせる
      • 一戸建てにお住まいの場合は、できる限り1階で寝かせる

    出典
    指導せん「リレンザを処方された患者さん・ご家族・周囲の方々へ」
    こちらからダウンロードしてご利用いただけます。

 

保険

 

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。