このサイトで正しく動作させるためにはJavaScriptを有効にする必要があります。設定を変更していただくか異なるブラウザでアクセスしてください。

      

ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

臨床成績・安全性情報

L-dopa製剤併⽤例(進⾏期パーキンソン病患者)における第Ⅲ相臨床試験(⾮劣性試験)

L-dopa製剤投与中のパーキンソン病患者に対するレキップCRの追加併用は、日本語版UPDRS PartⅢ合計点の変化量においてレキップとの非劣性が検証されました。

非劣性検証期

レキップCR変更期

長期投与期

L-dopa製剤⾮併⽤例(早期パーキンソン病患者)における第Ⅱ相臨床試験

レキップCRはL-dopa製剤非併用のパーキンソン病患者に対して、パーキンソン病の諸症状の改善効果が認められました。

日本語版UPDRS PartIII合計点の0週時からの変化量(16週時LOCF、主要評価項目)

日本語版UPDRS PartII合計点の0週時からの変化量(16週時LOCF、副次評価項目)

副作用

「効能・効果」、「効能・効果に関連する使用上の注意」、「用法・用量」、「用法・用量に関連する使用上の注意」、「警告・禁忌を含む使用上の注意」等については、製品添付文書をご参照ください。

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。