このサイトで正しく動作させるためにはJavaScriptを有効にする必要があります。設定を変更していただくか異なるブラウザでアクセスしてください。

      

ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

シングリックスの構成

帯状疱疹を予防するために独自に開発された、
世界初の組換えサブユニットワクチン※です。

※ ウイルス表面タンパクの一部を抗原とした組換えワクチンで、生ワクチンではない

シングリックスは、水痘帯状疱疹ウイルスの表面に存在する糖タンパク質E(gE)を抗原とし、アジュバントシステムAS01Bを添加した組換えサブユニットワクチンです。

シングリックスの構成

MPL:グラム陰性菌Salmonella minnesota R595株のリポ多糖の非毒性型誘導体である3-脱アシル化-4’-モノホスホリルリピッドA
QS-21:南米に自生する樹木Quillaja Saponaria Molinaの抽出液を精製して得られた精製キラヤサポニン(キラヤ抽出液の21番目の分画)
DOPC:ジオレオイルホスファチジルコリン(リポソーム基剤、天然成分に由来する)

承認時評価資料: 遺伝子組換えサブユニット帯状疱疹ワクチン

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。