このサイトで正しく動作させるためにはJavaScriptを有効にする必要があります。設定を変更していただくか異なるブラウザでアクセスしてください。

      

ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

関連情報

ICS/LABAで治療中の患者さん*の87%が 
息切れ症状**を経験しています

* 43.9%の患者は喘息合併

ICS/LABA配合剤で治療中の患者*における息切れ症状**を経験した割合【海外データ】

** mMRC1以上の患者
†† MRCグレード1はmMRCグレード0と同等

目的

COPD患者の息切れについてその頻度と要因を明らかにする

対象

COPDと診断されて24ヵ月以上の罹病期間を有し、1秒量(FEV1)/努力性肺活量(FVC)比が0.70未満の患者38,256例のうち、ICS/LABAを投与されていた25,611例

方法

英国での観察研究。英国国民医療サービス(NHS)の匿名化データベースから対象患者を抽出し、ICS/LABA投与例の実地臨床における息切れの程度(mMRCグレード/MRCグレード)の分布について検討した。

Müllerová H et al: PLoS One 2014; 9(1), e85540 より作図
日本呼吸器学会COPDガイドライン第5版作成委員会(編):COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン2018第5版. 東京:メディカルレビュー社;2018

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。