このサイトで正しく動作させるためにはJavaScriptを有効にする必要があります。設定を変更していただくか異なるブラウザでアクセスしてください。

      

ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

クレームへの対応策とその根拠を具体的に解説
もつれない患者との会話術

実際に医療現場に寄せられたトラブル事例を基に、具体的な「会話術」と「法的根拠」を示しながら対処方法をご紹介します。
出典『もつれない患者との会話術』(大江和郎編著、日本医事新報社、2015. 2018)

同義語、法令用語、類義語

医療機関で使用する言葉の中には、同義語・類義語がたくさんあり、医療従事者も特に厳密に使い分けているということでもなく、患者に説明することがある。

患者の残置物の処分

1週間前に待合室に雑誌を忘れてしまったという患者から電話が。
処分済と説明したら……。

無診察処方

長年通院している患者が予約なしで突然来院。今日服用しようと思った分の薬がないので、すぐに処方してほしいと訴えてきた。

開示対象に含まれる医師記載の診断内容

個人情報保護法施行以来、年々、患者からのカルテ開示請求が増加している。先日も医療不信を抱く患者から請求が出された。

未払いを繰り返す患者

患者の中には、治療に不満を持っていて支払いを拒否している方や、持ち合わせのお金がないと言っていつも未払いで帰宅する方がいる。

強制退院

医学的には退院可能でも、家庭や経済上の問題を抱える患者の中には、入院を延ばそうとする者もいる。

カルテ不開示の理由説明

カルテ開示の請求に対して、院内のカルテ開示委員会が開示不可と判断した場合、請求者に理由を伝えるのに非常に気を遣う場合がある。

保険証の貸し借り

医療機関を受診する場合、必ず被保険者証(以下「保険証」)を提出しなければならない。しかし、時として他人の保険証を使用して受診する患者も…。