このサイトで正しく動作させるためにはJavaScriptを有効にする必要があります。設定を変更していただくか異なるブラウザでアクセスしてください。

      

ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

患者さんのために —— GSKの取り組み

患者さんや薬剤師の先生方の声を、製剤の改善に役立て、よりよい製品をお届けしたい——そんな思いを胸に、GSKでは、患者さんや薬剤師の先生方の声をもとに製品改善に役立てるプロジェクトを立ち上げました。本プロジェクトをきっかけに行われたパッケージや患者指導箋などの変更点をご紹介します。先生方の日常の服薬指導に是非お役立てください。

使いやすさを訴求してパッケージデザイン変更(アラミスト編)

「液がでてこない」「針で刺してしまった」——患者さんに正しい使い方を知っていただくためにはどうしたらよいのか?取り組みとその成果をご紹介します。

「初めてでもわかりやすく」サポートシールと指導箋の改訂(エリプタ編)

「吸っていないのにカウンター表示が減ってしまうのはどうして?」——患者さんの不安を取り除くためにしたこととは?取り組みとその成果をご紹介します。