このサイトで正しく動作させるためにはJavaScriptを有効にする必要があります。設定を変更していただくか異なるブラウザでアクセスしてください。

      

ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

製品特性

ディスカスの吸入方法

注意事項
本剤は発作止めではありません。医師の指示通り毎日定期的に使用してください。

吸入の確認について
薬が吸入されるとわずかな甘みや粉の感覚を口の中に感じます。しかし、薬の量がごくわずかであるため、甘みを感じない(吸入感を得られない)場合もあります。また、体調などによって、甘みを感じない場合もあります。うまく吸入できているか不安な場合は、カバーを閉じずにそのまま追加で1~2回吸入を繰り返してください。
レバーを操作すると次の薬が準備されカウンターの数が1つ減り、残りの薬の数を示します。

【1】カバーを開けます。
片手でカバーを持ち、もう片方の手の親指をグリップにあて、グリップが止まるところまで回してください(カチリと音がします)。

【2】レバーを押します。
マウスピース(吸入口)を自分に向けて持ち、レバーをグリップのところまで押し付けてください(カチリと音がします)。
注)薬を吸入するとき以外はレバーを操作しないでください。

【3】薬を吸います。
無理をしない程度に息をはき出してください。吸入器をたいらに持ち、マウスピース(吸入口)に唇をあてて、強く深く「スーッ」と息を吸い込みます。
マウスピース(吸入口)から唇を離し、少なくとも3~4秒以上息を止め、その後ゆっくりと静かに息をはき、元の呼吸に戻してください。
注)マウスピース(吸入口)に息を吹き込まないでください。

【4】カバーを閉じます。
グリップに親指をあて、カチリと音がするところまで、回し戻してカバーを閉じてください(レバーもいっしょに元の位置に戻ります)。

ロタディスクの装着方法

注意事項
本剤は発作止めではありません。医師の指示通り毎日定期的に使用してください。

【1】カバーをはずします。
濃い緑色と薄い緑色の2色の側を上にして薄い緑色のカバーをはずします。

【2】トレーを引き出します。
白いトレーの側面を持って、動かなくなるところまで静かに引き出します。

【3】トレーを取りはずします。
白いトレー側面のグリップ(ギザギザの部分)を両側から親指と人差し指でつまみながら(内側に押しながら)、本体からトレーを取りはずします。

【4】薬(ディスク)をのせます。
トレーの4つの穴にディスクの凸部分を合わせてのせます。

【5】トレーを戻します。
ディスクをのせた白いトレーを本体にカチッと音がするまでしっかりと最後まで押し戻します。

ロタディスクの吸入方法

注意事項
この吸入器は、他の薬剤には使用しないでください。

【1】カバーをはずします。
濃い緑色と薄い緑色の2色の側を上にして薄い緑色のカバーをはずし、吸入口が汚れていないことを確かめます。

【2】薬(ディスク)に穴をあけます。
吸入器をたいらに保ち、①フタを垂直になるまで立て、②再びフタを閉じます。この操作によりディスクの上面から下面まで針が貫通し、薬を吸入できる状態になります。

【3】息をはき出します。
吸入器をたいらに保ち、無理をしない程度に息をはき出します。
注)薬がこぼれないように、吸入器をたいらに保ってください。また、吸入器に向けて息をはかないでください。

【4】薬を吸い込みます。
たいらに保ったまま吸入口を軽くくわえます。その際、側面にある空気孔をふさがないようにしてください。強く深く「スーッ」と口から息を吸い込みます。その後、吸入器を口から離し、少なくとも3~4秒以上息を止め、その後ゆっくりと静かに息をはき、元の呼吸に戻してください。

※薬が吸入されるとわずかな甘みや粉の感覚を口の中に感じます。しかし、薬の量がごくわずかであるため、甘みを感じない(吸入感を得られない)場合もあります。また、体調などによって、甘みを感じない場合もあります。薬が吸入器に残るようであれば、1~2回繰り返して薬を吸い込んでください。

【5】薬(ディスク)を回転させます。
吸入が終わったら、白いトレーを動かなくなるところまで引き出し、再び押し戻します。これによりディスクが回転し、次の吸入が可能になります。

吸入器の掃除
注)掃除の際は、薬(ディスク)をはずしてください。
1)吸入器本体から白いトレーをはずします。
2)吸入口に付着した汚れはガーゼ等で拭きとります。
3)白いトレーと薄い緑色のカバーを元に戻します。

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。