ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

テリルジーは気管支喘息患者さんの

「気道炎症」と気道閉塞」を抑制します1、2)

テリルジーは、ICS/LABAにLAMAを追加した
3成分配合剤であり、以下の3成分で構成されています。

FF:フルチカゾンフランカルボン酸エステル

ICS:吸入ステロイド薬

フルチカゾンフランカルボン酸エステル画像

VI:ビランテロールトリフェニル酢酸塩

LABA:長時間作用性β2刺激薬

ビランテロールトリフェニル酢酸塩画像

UMEC:ウメクリジニウム臭化物

LAMA : 長時間作用型抗コリン薬

ウメクリジニウム臭化物画像

テリルジーは、気道の炎症に対する抗炎症作用に加えて
気管支拡張作用、気管支平滑筋の収縮抑制作用を有します

テリルジーに含まれる成分の役割 テリルジーに含まれる成分の役割

ウメクリジニウムとビランテロールは
気管支平滑筋の“収縮抑制”および“弛緩”作用により、
相互的に気管支拡張作用を示します

ウメクリジニウムとビランテロールの作用機序4、5)

ウメクリジニウムとビランテロールの作用機序の説明画像

最新のWeb講演会情報はこちら

  1. テリルジー承認時評価資料:第Ⅲ相臨床試験(国際共同、205715試験)
  2. Lee LA et al: Lancet Respir Med 2020; S2213-2600(20), 30389-1[Epub ahead of print]※1
  3. Derendorf H et al: Allergy 2008; 63(10), 1292-1300※2 
  4. Slack RJ et al: J Pharmacol Exp Ther 2013; 344(1), 218-230※3
  5. Salmon M et al: J Pharmacol Exp Ther 2013; 345(2), 260-270※4
  6. 一般社団法人日本アレルギー学会:喘息予防・管理ガイドライン2018, p102

※1 利益相反:本試験にかかわる費用はGSKが負担した。著者には、GSKが過去に研究助成金・講演料・コンサルティング費などを支払った者、GSKの社員・株主が含まれる。
※2 利益相反:著者にはGSKが過去にコンサルタント費・研究助成金などを支払った者が含まれる。
※3 利益相反:本試験にかかわる費用はGSKが負担した。著者には、GSKの社員が含まれる。
※4 利益相反:本試験にかかわる費用はGSKが負担した。著者はGSKの社員である。

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。

PM-JP-FVU-WCNT-200006 2021.05