ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

テリルジーの対象患者さんは
どのような患者さんでしょうか?

テリルジーは、「週に1回以上、喘息症状のために夜間や明け方に目が
覚めてしまう」未治療患者さんや、「毎日、咳、息苦しいといった
喘息症状に苦しんでいる」未治療患者さんに対する治療選択肢の1つです¹⁾。
テリルジーは、喘息症状の原因となる気道の炎症に加えて、
気道閉塞に対する作用も有しています² ~ ⁴⁾。

良好な喘息コントロールの達成に至っていない
患者さんが存在しています

喘息コントロール状態⁵⁾

喘息コントロール状態

目的:

継続治療を受けている日本人成人喘息患者について、喘息のコントロール状態、喘息症状、健康関連QOL、救済薬の使用状況を評価する。

対象:

2015年12月~2016年6月に喘息で1年以上外来診療中の20歳以上の患者1,175例

方法:

JGL2015およびGINA2012で定義された喘息のコントロール状態を評価した。同様に、喘息症状と健康関連QOL、救済薬の使用状況を評価した。本調査の解析対象となった1,175例のうち、1,163例(99.0%)がICSまたはICS/LABAによる治療を受けていた。

喘息症状には気道閉塞が潜んでいるかもしれません²⁾

喘息の病態⁶⁾

気道の炎症

気道の炎症
ICSが抗炎症作用を示します⁶⁾。

気道の収縮

気道の収縮
LABAが気管支拡張作用を示します⁷⁾。

GINAガイドライン2020では、気道の炎症・収縮が改善しない場合は
ICSの増量とLABAの追加投与が推奨されています⁶⁾。

「喘息症状のために夜間や明け方に目が覚めてしまう」、「咳」、「息苦しい」といった喘息症状は、気道の炎症よりも気道閉塞が原因で生じている可能性があります²⁾。

気道閉塞が引き起こしうる症状²⁾

  • 胸部絞扼感
  • 夜間症状(週1回以上)

  • 胸部うっ血
  • 急性発作
  • 息切れ(週1回程度)
  • 呼吸困難
  • 喀痰
  • 喘鳴
 
喘息コントロール状態の評価には、 Asthma Control Test(ACT)を使用してください。
19点以下は、喘息コントロール不良と判定します 6、8)

喘息症状のために新たに受診され、
初回治療の導入をご検討される患者さんで
以下のような方はいませんか?

喘息症状のために新たに受診する喘息患者さんの特徴

従来のICS/LABA治療導入でもどうしても喘息症状は残ってしまい、追加投与が必要となってしまうような患者さんはいませんか?

テリルジーを含むトリプル吸入療法(ICS/LAMA/LABA)は
治療ステップ3(中等症持続型相当)から治療選択肢の1つです

喘息治療ステップ(喘息予防・管理ガイドライン2018 表6-6)¹⁾

喘息治療ステップのガイドライン

最新のWeb講演会情報はこちら

JGL2015:喘息予防・管理ガイドライン2015 GINA:Global Initiative for Asthma ICS:吸入ステロイド薬 LABA:長時間作用性β2刺激薬 LAMA:長時間作用性抗コリン薬

  1. 一般社団法人日本アレルギー学会:喘息予防・管理ガイドライン2018, p102 
  2. Vonk JM et al: Thorax 2003; 58(4), 322-327 
  3. テリルジー承認時評価資料:第Ⅲ相臨床試験(国際共同、205715試験)
  4. Lee LA et al: Lancet Respir Med 2020; S2213-2600(20), 30389-1[Epub ahead of print]※1
  5. Adachi M et al: J Asthma 2019; 56(9), 1016-1025 
  6. Global Initiative for Asthma. Global Strategy for Asthma Manage ment and Prevention, 2020 https://ginasthma.org/(2020年9月閲覧)
  7. Bulkhi A et al: Drugs 2016; 76(10), 999-1013
  8. GSKホームページ https://videos.gskstatic.com/pharma/Health/Japan/asthma/support-tools/act-adult/index.html(2020年9月閲覧)
  9. Derendorf H et al: Allergy 2008; 63(10), 1292-1300※2
  10. Slack RJ et al: J Pharmacol Exp Ther 2013; 344(1), 218-230※3
  11. Salmon M et al: J Pharmacol Exp Ther 2013; 345(2), 260-270※4

※1 利益相反:本試験にかかわる費用はGSKが負担した。著者には、GSKが過去に研究助成金・講演料・コンサルティング費などを支払った者、GSKの社員・株主が含まれる。
※2 利益相反:著者にはGSKが過去にコンサルタント費・研究助成金などを支払った者が含まれる。
※3 利益相反:本試験にかかわる費用はGSKが負担した。著者には、GSKの社員が含まれる。
※4 利益相反:本試験にかかわる費用はGSKが負担した。著者はGSKの社員である。

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。

PM-JP-FVU-WCNT-200005 2021.05