このサイトで正しく動作させるためにはJavaScriptを有効にする必要があります。設定を変更していただくか異なるブラウザでアクセスしてください。

      

ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

製品特性

帯状疱疹を予防するために独自に開発された、世界初の組換えサブユニットワクチン※1です。

※1 ウイルス表面タンパクの一部を抗原とした組換えワクチンで、生ワクチンではない

「シングリックスの構成」を詳しく

50歳以上のいずれの年齢層においても、帯状疱疹予防効果を示しました。[国際共同第Ⅲ相臨床試験]

  • 50歳以上での有効性※2: 97.2%(50~59歳: 96.6%、60~69歳: 97.4%、70歳以上: 97.9%)1(追跡期間3.1年)
  • 70歳以上での有効性※2: 89.8%(70~79歳: 90.0%、80歳以上: 89.1%)2(追跡期間3.9年)

※2 有効性(%):[1-(プラセボ群に対するシングリックス群の発症率の比)]×100

「帯状疱疹の発症予防効果」を詳しく

延長試験において、帯状疱疹予防効果が7.1年(平均値)まで観察されました。3

  • 長期追跡期間〔接種後5.1年(平均値)~7.1年(平均値)〕の有効性※3 :84.0%[95%CI 75.9-89.8%](推定値)
  • 全観察期間〔接種後7.1年(平均値)〕の有効性※3 :90.9%[95%CI 88.2-93.2%](推定値)

※3 有効性(%):[1-(historical controlに対するシングリックス群の発症率の比)]×100

「長期追跡期間における帯状疱疹予防効果」を詳しく

免疫原性は10年間観察されています。

  • 10年後の細胞性免疫応答は接種前の3.5倍、液性免疫応答は接種前の6倍でした。

「長期免疫原性」を詳しく

筋肉内に2回注射します。

「使用方法の確認」を詳しく

重篤な副反応として、ショック、アナフィラキシーがあらわれることがあります。
主な副反応(10%以上)は、疼痛、発赤、腫脹、胃腸症状(悪心、嘔吐、下痢、腹痛)、頭痛、筋肉痛、疲労、悪寒、発熱でした。
添付文書の副反応の項および各臨床成績の項の安全性の結果をご参照ください。

参考文献

  1. Lal H. et al.: N Engl J Med. 372(22), 2087-2096, 2015
  2. Cunningham AL. et al.: N Engl J Med. 375(11), 1019-1032, 2016
  3. Boutry C. et al.: Clin Infect Dis. 2021 Jul 20; ciab629. doi: 10. 1093/cid/ciab629. [本研究はGSK Biologicalsの資金により行われた。著者にGSK Biologicalsの社員を含む。著者にGSKグループ会社コンサルティング料などを受領した者を含む。]

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。