このサイトで正しく動作させるためにはJavaScriptを有効にする必要があります。設定を変更していただくか異なるブラウザでアクセスしてください。

      

ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

資格取得までの流れ

ボトックスの使用に際しては、承認条件に基づき、適正かつ安全な使用を目的として、「WEB講習・実技セミナー」または、「講演会形式の講習・実技セミナー」を修了した医師のみがボトックスを使用できます。
また、斜視の適応では日本眼科学会、痙攣性発声障害の適応では日本耳鼻咽喉科学会および日本神経学会の専門医のみがボトックスを使用できます。
日本神経学会専門医による痙攣性発声障害への投与は、必要な局面で適切に喉頭内視鏡検査などの処置を実施できるよう、耳鼻咽喉科医との連携が可能な環境で行うこととされています。

ボトックス治療の流れ

1 治療を開始する前に、患者さんもしくはその代理人に文書による説明および文書による同意の取得

2 投与予定日を決定し登録票に必要事項を記入

登録票をダウンロードする


3 登録票を弊社へFAX(複写の1部を薬剤部に提出)

4 薬剤部から通常の薬剤と同様に卸店に発注

5 ボトックスの納品

6 ボトックスによる治療

7 残液および器具の失活・廃棄および廃棄の記録

患者さんへの説明および同意の取得

患者さんがボトックスによる治療を希望した場合は、初回の治療を開始する前に、患者さんまたはその代理人の方へ、文書を用いてボトックスの特徴や「使用上の注意」等を十分説明し、十分理解していただいたうえで、文書による同意を取得していただくことが必要です。

弊社は、ボトックスによる眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸、上肢痙縮、下肢痙縮、2歳以上の小児脳性麻痺患者における下肢痙縮に伴う尖足、重度の原発性腋窩多汗症、斜視、および痙攣性発声障害の治療に際し、患者さんにご説明いただくための同意説明文書および同意書の見本を用意しております。本剤の治療開始に先立ち、患者さんまたはその代理人の方に説明および同意を得ていただく際にご活用下さい。

施注日の決定および患者さんの登録

患者さんと相談し治療日を決定したのちに患者さんの登録を行います。
所定の登録票に必要事項を記入します。

患者登録票は2枚複写になっています。記入後、1枚目を弊社(ボトックス窓口)へファックス送信後、主治医が保管して下さい。2枚目は薬剤部にお渡し下さい。
薬剤部から卸店への発注後、納品までに1週間以上を要する場合もございます(地域によって若干異なります)ので、予めご理解いただき、余裕をもって手続きしてくださいますようお願い申し上げます。

患者登録票の送り先:Fax No.0120-198-799

薬剤の発注および納品

薬剤部は通常の薬剤と同様に卸店への発注を行ってください。

本コンテンツは日本国内の医療従事者向けです。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。
ボトックスは、米国法人のアラガンインコーポレーテッド(米国アラガン社)が有する登録商標です。