このサイトで正しく動作させるためにはJavaScriptを有効にする必要があります。設定を変更していただくか異なるブラウザでアクセスしてください。

      

ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

小児脳性麻痺患者の下肢痙縮に伴う尖足 投与方法

編集協力:宮城県立こども病院 整形外科 科長 落合達宏 先生

用法・用量

初回投与量4単位/㎏を、罹患している腓腹筋の内側頭・外側頭の各々2カ所に筋肉内に投与する。
両下肢に投与する場合は、4単位/㎏を両下肢に分割して投与する。

初回投与以降、効果不十分な場合にはヒラメ筋、後脛骨筋等へ追加投与することができます。
なお、症状に応じて適宜増減することができますが、1回の総投与量は200単位をこえないようにします。

再投与は前回の効果が消失した場合に可能ですが、
3か月以内の再投与は避けてください。

関与する筋

小児脳性麻痺患者における下肢痙縮に伴う尖足では腓腹筋(内側頭・外側頭)、ヒラメ筋や後脛骨筋が関与します。それぞれの筋の作用は単一ではなく、いくつかの運動に関与しています。各筋に対する作用は以下となります。

  • 腓腹筋:膝関節の屈曲、足関節の底屈
  • ヒラメ筋:足関節の底屈
  • 後脛骨筋:足関節の底屈、足部のうちがえし(回外・内転)

投与部位の決定

腓腹筋への投与

下腿の近位1/3部で、触診によって腓腹筋の内側頭と外側頭を確認し、この高さを中心に内側頭2ヵ所、外側頭2ヵ所の4ヵ所に分割して施注します。

外側頭への施注時に、外側に寄り過ぎると、長腓骨筋に入る可能性があります。注射針の挿入が深すぎると、ヒラメ筋、長趾屈筋、後脛骨筋や血管および脛骨神経に入る可能性がありますので注意してください。

なお、うつぶせ姿勢では下腿下に枕を入れ、足関節を背屈させて、腓腹筋を緊張させると触診しやすくなります。

ヒラメ筋への投与

下腿中央の高さで、1~2ヵ所に分けて施注します。下腿の中央部は、腓腹筋が薄くなっているので、最も施注しやすい部位です。

注射針の挿入が深すぎると、長趾屈筋、長母趾屈筋、後脛骨筋に入る可能性があります。

 

後脛骨筋への投与

下腿中央の高さで、1~2ヵ所に分けて施注します。後脛骨筋は脛骨の後部にあり、直接触診はできないので、超音波ガイドや筋電図モニターで同定します。下腿の中央部で、脛骨の後面に沿って挿入します。

後脛骨動・静脈、腓骨動・静脈および脛骨神経がヒラメ筋と長趾屈筋、後脛骨筋との間にあるので、針を深く進めないように注意してください。

梶 龍兒, 根津敦夫. 小児脳性麻痺のボツリヌス治療, 診断と治療社, 2008

施注のポイント

小児脳性麻痺患者における下肢痙縮に伴う尖足で緊張筋の同定が困難な場合には、筋電計、超音波検査やスティミュレーター等を用いて注意深く目標とする部位を同定し、筋ごとの適切な部位及び投与量に留意して投与します。
安静を保てない患者では、鎮痛剤や局所麻酔薬を適宜併用します。なお、安静により痙縮症状が軽減されますので、鎮静前に筋緊張亢進部位を確認してください。
一般に、細い針のほうが痛みは少ないのですが、体動が大きいと針が破損する危険があります。下腿筋への施注の場合、23~30ゲージ針が用いられます。

本コンテンツは日本国内の医療従事者向けです。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。
ボトックスは、米国法人のアラガンインコーポレーテッド(米国アラガン社)が有する登録商標です。